PAGE TOP

HARUHARU

  • 電話番号
  • お問い合わせ
  • 電話番号
  • お問い合わせ

誤解し続けている腰痛患者の末路

From角来拓磨

我孫子市の治療院デスクより。。。

 

こんにちは。

本日も

整骨院・整形外科・整体・カイロプラクティック

どこに行っても改善されない

辛い腰痛

でお困りのあなたに、腰痛のお話をしていこうと思います。

 

 

危なかった・・・

 

もし仮に、この患者さんが僕の元に来院していなかったら、、、とんでもないことになっていました。誤解していたのは、これ。

 

「画像診断によるヘルニアの手術」

 

え、でもお医者さんに診断されているでしょ?お恥ずかしい話、腰痛専門家の僕自身も治療法はそれしかないと思っていました。もちろん専門学校でもそう習いますし、国家試験でもそれが答えなんです。

ただ、この3つの要因のせいで、、、患者さんは勘違いをしていたのです。

 

もちろん、この事実を知ればあなたの腰痛治療が大きく変わります。でも、ご注意ください。本当に本気で治したいと思う人が見てください。

 

友人の紹介とアドバイス

その患者さんがまず陥ったのは、友人の紹介です。同じ腰痛の症状を、過去に持っていた友人に

 

「お前、ヘルニアかもよ?」

 

と助言されます。さらに

 

「プロ野球選手も見ている、いい整形外科医を知っているから紹介するよ!」

 

と続くのです。

親しい友人で信頼もしている、しかも過去に同じ症状を持っていたなんて言われたら、興味を持っちゃいますよね。

そして、ダメ押しが「プロ野球選手も見ているいい整形外科医」です。

本当に困っている人なら、誰でも行きたくなるはず。。。

ここまでのプロセスは極めて普通のことで何も問題はないのです。ただ、その患者さんは、この時点でまだ会ってもいない整形外科医に、大きな期待と絶大な信頼度は高まってしまっていたんですね。

それが次の要因につながります。

 

レントゲン・MRI

ここまでで、あなたは潜在的に整形外科医に期待と信頼が高まっています。そこで上記のようなレントゲン・MRI画像を突きつけられます。こうなると本格的に、ヘルニアの疑いが出てきてしまいますよね。

 

さらに、期待と信頼の高まった医師からこう告げられるのです。

 

「ここの神経の圧迫を除去しなければいけません。」と。。。

 

そう告げられた時あなたは、どう思いますか?きっとこう思うはずです。

 

「これを治すにはどうすればいいの?」

 

医師はこう告げるでしょう。。。

 

「この圧迫を除去するには、手術が必要です」

 

そして、あなたは、手術のための書類にサインをしてしまうのです。

 

でも、僕はヘルニアの手術をしたのに症状が一向に改善されない例を多く見てきました。

なぜ、あんなにも有名で信頼のある医師に手術してもらったのに症状が改善されなかったのか?それは、あなたのこんな誤解があったからです。

 

日本国民が陥る最大の誤解

腰が痛いのは、腰のせい。。。

 

・腰痛には、腰のマッサージをする。

・腰痛が起きて腰のレントゲンを撮る。

・ヘルニアになったら、手術か痛み止めでその場をしのぐ。

 

そんな経験は、みなさん当たり前にありますよね?そりゃ痛いところにアプローチすることなんて当たり前だろ!そう思っていませんか?

 

が、、、真実は

レントゲン、MRIには大きな落とし穴が隠されていることがあるのです。僕自身、学生時代や整骨院勤務時代は、そんな落とし穴にも気づかずに過ごしていたのです。

 

 

上記のデータは、Boos Nによって発表された研究で、健常者46名の腰部椎間板をMRIで撮影した検査結果です。これは、腰痛研究のノーベル賞とも言われる、Volvo賞を受けた世界的評価の高い研究です。

 

今までは、レントゲン・MRIでヘルニアが見つかれば、それが腰痛や痛みの原因だと思っていましたよね?違うんですよ。

 

この研究では、腰痛のない健常者の76%にヘルニアが見つかっています。それが何を意味しているのか。。。

もうあなたならお分かりですよね?あなたが信じ続けていた、整形外科医の言うことも、画像診断も全く意味がない結果になっている可能性が、非常に高くあったということです。

 

友人の紹介、画像診断、腰痛の常識・・・

全国には、まだまだ腰痛の誤った常識がはびこっています。そのせいであなたは、友人の紹介から画像診断を受け、今までの腰痛の誤った常識から、この落とし穴に気づくことができていなかったのです。このまま、この誤りに気づかずにいる人の末路は、

・ヘルニアではないのに体にメスを入れる

・膨大なお金と時間を無駄にする

・一生痛みに苦しむ人生を送る

あなたにとって何のプラスにもならないのです。

 

腰痛の正しい知識を持つこと

そんな落とし穴を回避し、腰痛の負の連鎖から抜け出すには、地震の腰痛の原因をちゃんと見極めることです。先ほど画像診断の信頼度は低いとお伝えしましたが、絶対間違っているというわけではありません。画像の診断結果と画像には映らない筋・筋膜の原因、どちらが正しいのかをしっかりと見極めましょう。

そのために、あなたがするべきことは、しっかりと今の痛みの原因を見つけて、明確に伝えてくれる整体院や病院を見つけてください。

そして正しい腰痛治療を受けてください。

 

では、また次回のブログで!

 

P.S.

初めての動画なしのブログに、大量の時間を使ってしまい反省している今日この頃です。。。

次回は、1日で仕上げるので優しい目で見守ってください(笑)

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

産後腰痛

その他どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

無料相談も随時受け付けております!

我孫子市、柏市、天王台

の方多数ご利用しております!

我孫子市で「唯一」の慢性腰痛専門 整体院 陽琉-HALU-
診療時間 9:00〜21:00
不定休 完全予約制
千葉県我孫子市本町1−2−2ライフ我孫子205

TEL →04-7161-1681

Mail →こちらをクリック!

ついに整体院陽琉LINEで予約ができるようになりました!!

LINEからのお問い合わせの方は、下記の「友だち追加」をクリックしていただき、

「お名前」「希望日時」「症状」を記入してください。

24時間以内にこちらから必ず折り返しご連絡差し上げます。
友だち追加